ethOSに手を出してみた

いままでマイニングRIGはWin10で稼働していました。Win10(正確にはWin7)はライセンスいっぱい持ってたので特に問題なかったんですけど、Win10はGPUを8枚までしか搭載できないという制限があります。おそらくドライバ側の制限ですかね。9枚以降もデバイスドライバ上は認識するんですが、実際にマイニングさせると正常に動作しません。

そこでethOSを使います。Linuxです。Ubuntuのカスタムらしいです。これなら9枚以降も認識するそうなので、試しに買ってみました。購入はgpuShackから。OSイメージだけ単品購入すると$39ですが、16GB SSDを選んでも$44なのでそれを選択しました。SSD普通に買うと結構するしね。”VOFF5″というプロダクトコードを入れると$5OFFになります。

プリインストールで届くと思うんだけど、ISOをダウンロードすることもできました。SSD届くまでにUSBメモリかなにかにインストールして事前に試すこともできるんでしょうけれど、USBメモリも手元にないので、おとなしく届くのを待つことにします。

7/29注文、7/31発送、8/2到着といったところ。

こんなのが届きました。なんだかやけに軽いSSDとSATAケーブル2本。

重さ測ったら40gしかないの。たぶん中スカスカw
なお、中身はethOSプリインストール済みでした。

RIG2のWin10のSSDと交換して起動したらあっという間に起動。そしてグラフィックボード8枚全部認識しました。すごい。

ここからはイーサ先輩のブログと公式のknowledge baseを見ながら設定しました。

以降やったことを備忘録がてらメモしておきます。興味ない人は見ないでいいです。

まず、TeraTermをインストールします。SSHクライアントです。分かる人は好きなのを使ってください。以降はRIGのIP宛にSSHするとリモートでつながります。RIGにキーボード接続してももちろん使えますが、キーボードレイアウトがデフォルトでUSなので、JPに変えるまではリモートでやったほうがいいです。viで保存するのにコロンが入力できなくて、アサイン調べるのめんどいのでリモートでやりました。SSHもデフォで使えるようになってるし、初期設定が本当に楽でした。Linux経験があれば、Win10なんかより全然楽だと思います。

あとは、viエディタの使い方は必須ですので覚えてください。

▼パスワードの変更
# passwd ethos
# sudo passwd root ←rootも初期パスがliveなので変更します。もしくはsshでルートログインを禁止。お好きの方で。

▼sshでルートログインを禁止する場合。
# sudo vi /etc/ssh/sshd_config
PermitRootLogin yes→no

▼IPアドレスの固定
# sudo vi /etc/network/interfaces
iface eth0 inet dhcp
を
iface eth0 inet static
address 192.168.0.100
netmask 255.255.255.0
network 192.168.0.0
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 8.8.8.8
に変更(各自自分のアドレスに書き換えてください)
ここで固定IPにするのではなく、ルータのDHCP設定で固定にする方がいいかも。(MACアドレスと紐付け)

▼キーボードレイアウト変更
# sudo vi /etc/default/keyboard
us→jp

▼リモートコンフィグ無効
# echo -n "" > /home/ethos/remote.conf && echo "remote config turned off"

▼ローカルコンフィグ書き換え
# vi local.conf

globalminer claymore ←マイナーにクレイモアを使用
maxgputemp 85
stratumproxy enabled
proxywallet 0xef3fb55733fdcc515289c5ddb7cc34d6688898fb ←自分のウォレットに書き換えます
proxypool1 us2.ethermine.org:4444 ←各自使うプールに書き換え
proxypool2 us1.ethermine.org:4444 ←各自使うプールに書き換え
flags --cl-global-work 8192 --farm-recheck 200
globalfan 100 ←ファン回転数(無人部屋に置くので100%)
loc 496406 Rig2 ←496406は自動で設定されるホスト名ですが、プールに通知するworker名をRig2にしたいのでここで設定します

以下bios name別の個別設定、bios nameはグラボの型番ごとの固有値です。同じグラボをまとめて設定できます。
メモリクロックのOCはまともに動かないのでコメントアウト。
# palit geforce gtx 1060 3gb Single Fan
# 86.06.3C.00.40
# [type] [bios name] [value]
# ------------------------------------------------------
#mem 86.06.3C.00.40 4000 ←メモリクロックのオーバークロック
pwr 86.06.3C.00.40 60 ←消費電力制限(ラデオンの場合指定方法が違うので注意)
fan 86.06.3C.00.40 100 ←ファン回転数
# ------------------------------------------------------

# palit geforce gtx 1060 3gb Dual Fan
# 86.04.54.00.3A
# [type] [bios name] [value]
# ------------------------------------------------------
#mem 86.04.54.00.3A 4500
pwr 86.04.54.00.3A 60
fan 86.04.54.00.3A 100
# ------------------------------------------------------

# EVGA geforce gtx 1060 3gb
# 86.06.3C.00.60
# [type] [bios name] [value]
# ------------------------------------------------------
#mem 86.06.3C.00.60 4200
pwr 86.06.3C.00.60 60
fan 86.06.3C.00.60 100
# ------------------------------------------------------

# EVGA geforce gtx 1060 6gb
# 86.06.45.00.60
# [type] [bios name] [value]
# ------------------------------------------------------
#mem 86.06.45.00.60 4300
pwr 86.06.45.00.60 60
fan 86.06.45.00.60 100
# ------------------------------------------------------

▼クレイモアの設定
# vi claymore.stub.conf
-colors 1 ←色がつくようになります
-dbg -1
-esm STRATUMTYPE
-epool POOL1
-ewal WALLET
-epsw PASSWORD1
-eworker WORKER
-allpools 1
-gser 2
-allcoins 1
-wd 0

#uncomment and configure the -dpool and -dwal lines below to enable dualmining.
-mode 0

DualMiningでSCを掘ります
-dcoin sia
-dpool sia-asia1.nanopool.org:7777 ←プール
-dwal 7693c7f0fd9c363e7a4b31cd67b663ea82dd302d272c38da49d8fa9d9757928ba324fd97bbe3/Rig2/メールアドレス ←ウォレット/worker名/メルアド
-dpsw x

▼その他よく使うコマンド
再起動
# r

ステータスを見る
# show stats

採掘状況を見る
# show miner

configで有効行のみ出力する
# cat /home/ethos/local.conf | grep -v '^#'

設定を反映
# putconf && minestop

オーバークロックを反映
# putconf && ethos-overclock

両方
# putconf && minestop && ethos-overclock

GeForce関連情報表示
# nvidia-smi

シャットダウン
# sudo shutdown -h now

現状、オーバークロック関連のコマンドはまともに動きません。powertuneだけは使えましたが、GPUによっては制限できる電力の下限値があるっぽいです。
長くなったので続きは次回